ページの本文へ

Hitachi

日立トリプルウィン株式会社食・農事業部 Online Shop

登録確認メールを送信します。
メールアドレスを入力し送信ボタンをクリックしてください。
届いたメール内のURLにアクセスし登録を行ってください。

個人情報の利用目的について

【個人情報の利用目的について】

当社は、お客様の個人情報を以下の各号で示す利用目的に必要な範囲内で利用させて頂きます。
 1. ご注文の内容の確認、あるいはその回答、ご対応。
 2. 購入者様からのお問い合わせ対応
 3. お客様に満足いただけるような商品を充実させるための購買層のモニタの為。

〈同意の任意性〉
本同意事項に同意することは、任意ですが全部または一部において同意できない場合および必要な入力項目を記載されない場合は、お問い合わせ、お申込み予約頂いた内容に対するご回答ご対応ができない場合があります。

【個人情報の第三者提供について】
当社は、以下の場合を除き、ご提供いただいたお客様の個人情報を第三者に提供することは致しません。なお、カード支払のお申込のときは、お客さまのお名前・住所・電話番号・e-mailアドレス等購入に関わる情報をカード決済代行会社であるSMBCファイナンスサービス(株)に提供します。

(1)特定した利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報の取り扱いの全部または、一部を委託する場合。
(2)法令に基づく場合。
(3)生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき。
(4)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のため特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき。
(5)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
(6)合併その他の事由による事業の承継に伴って、お客様の個人情報を提供する場合であって、承継前の利用目的の範囲内で当該個人情報を取り扱う場合。

【個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除、利用の停止、消去、第三者への提供の停止)並びに苦情のお申し出について】

お客様の個人情報の開示等のお申し出につきましては、以下のとおり対応し、申込者等に遅滞なく必要な通知をするものといたします。
なお、開示等の手続の詳細につきましては、下記〔個人情報の取扱に関する開示等並びに苦情等お問い合わせ窓口〕にご確認ください。

 1. 開示対象の利用目的
  a. 上記【個人情報の利用目的について】2.その他記載の内容が該当します。
 2. 開示請求できる方
  a. ご本人及び代理人
  b. なお、代理人の範囲は次のとおりです。
   i. 法定代理人(親権者、未成年後見人、成年後見人、補佐人、補助人)
   ii. 弁護士
   iii. 司法書士
 3. 開示請求の受付方法
  a. ご来社または郵送
 4. 開示に必要な書類
  a. ご本人確認書類(運転免許証等)
  b. 代理人資格証明書類(代理人の方が依頼される場合)
 5. 開示に要する手数料
   利用目的の通知及び開示につきましては、1回のご請求ごとに税込み300円(郵送料別)をいただきます。
 6. 訂正等、利用停止等について
   当社は、個人情報の内容が事実でないことが判明した場合には、遅滞なく追加、訂正または削除に応じるものとします。
 7. 個人情報の開示等並びに個人情報の取扱に関する苦情等のお問い合わせ窓口、当社の個人情報保護管理者は、以下のとおりです。

〔個人情報の取扱に関する開示等並びに苦情等お問い合わせ窓口〕

<専用フリーダイヤル>
『 0120-006679 』(日立トリプルウィン株式会社 業務部長<当社の個人情報保護管理者>)
<受付時間:営業日の10時~12時、13時~17時>
E- mail :htw-cssuisin@hitachi-capital.co.jp
〒105-0003 東京都港区西新橋1-3-1 西新橋スクエア
本サイトでは、当社「個人情報保護方針」に基づき、個人情報についての細心の注意を払い、厳選に管理を行っております。

【反社会的勢力の排除】

1 「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者のことをいいます。

2 お客様は、現時点および将来にわたって、自己が次の各号のいずれにも該当しないことを表明し確約するものとします。
(1)反社会的勢力であること
(2)反社会的勢力が経営を支配していること
(3)代表者、責任者または経営に実質的に関与している者が反社会的勢力であること
(4)暴力的ないし威迫的な犯罪行為を行ったとして公に認識され、もしくは報道その他により一般に認識されることまたはこの者とかかわり、つながりを持つこと

3 お客様は、反社会的勢力と次の各号のいずれの関係も有しておらず、将来も持たないことを表明し確約するものとします。
(1)自己または第三者の不正の利益を図る目的をもってするなど不当に反社会的勢力を利用する関係
(2)反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜の供与をするなど反社会的勢力に関与する関係
(3)その他社会的に非難されるべき関係

4 お客様は当社に対して、次の各号のいずれの行為も、自らまたは第三者を利用して行わないことを確約するものとします。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)取引に関して脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、または偽計もしくは威力を用い、当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害する行為
(5)その他前各号に準ずる行為

5 お客様は、自己が、本契約の履行に関連して、反社会的勢力から不当要求または業務妨害等の不当介入を受けた場合には、これを拒否し、すみやかに当該事実を当社に報告し、当社の捜査機関への通報に必要な協力を行うことを確約するものとします。

6 お客様が前4項の表明または確約のいずれかに反した場合には、当社はお客様への催告をせずに、本契約を解除することができるものとします。

7 当社が前項の規定により本契約を解除した場合には、お客様に損害が生じても、当社はこれを賠償しないものとします。また、当該解除により当社に損害が生じたときは、お客様はその損害を賠償するものとします。